金貨の投資のしくみ

金貨は日本でも発行されています。しかしその多くが収集型の金貨がほとんどです。 しかしその金貨ですが、希少価値によって価格が大きく変わるもので専門の業者が扱っています。金貨は収集する人たちへの売却が対象になっていて、人気によって金貨の価格が決まっていきます。今の時代ではそれほど見かけることが無くなってしまいましたが、通貨型金貨というもので法定通貨として発行される金貨もあります。歴史的には、通貨に金や銀を使っていた時代があります。しかし現代に近づくほど、その相場の変動によって金や銀の価値と通貨の価値のずれが生じてしまうことから現在は金や銀をそのまま使うことは無くなりました。

さまざまな投資がありますが、その中の一環として金貨の購入を考えるのでしたら地金型金貨がお勧めです。この金貨は、海外の造幣局が製造している場合が多いので金の延べ棒と同じくらいの純度99.99パーセントの純金製です。 価格については、当日の金価値で変動します。

今日本で購入できるのは、オーストリアのウィーン金貨ハーモニーやオーストラリアのカンガルー金貨になり、カナダのメイプルリーフ金貨なども購入が可能です。これらの金貨も各国政府が保証していますので金貨の在庫があれば購入 可能です。金の価格動向によって、品薄になることがあります。地金型金貨は、小口で金現物投資ができるものです。プレミアム が付いて、金相場で価格が変動してしまう部分では金の延べ棒と同じです。