金貨のスプレッド

金貨の投資については、金貨は時間をかけて少しずつ購入していくことをお勧めします。この理由としては、金貨は金地金よりも少ない金額で購入できますし、金貨そのものの大きさに関係なくバーチャージがかからないものだからです。でいるだけ時間をかけて購入することで、ドルコスト平均法のメリットも得られるものになります。

そしてこのような行為が、結果的に高値掴みをしてしまうといったリスクを減少させるのです。例えば500g以上の金を購入するのでしたら金地金、小口で少しずつ購入するのであれば地金型金貨がむいていると言われています。金貨の購入にあたっては、コインショップなどでも購入できますし、その他多くの店で気軽に購入できます。

また金貨の換金も、貴金属店やデパート、銀行などで行うことができます。金貨を購入する時は、複雑な手続きを必要とするものではありませんが購入の際には、消費税はかかります。この消費税は金貨の売却するときも消費税を上乗せした価格で売却することができるようになっています。金貨に関してスプレッドの比較は、ネット上でも記載されているものですが、1g100円程度の差があります。スプレッドは小さい方の利益が大きくなりますので、金貨購入に関してはスプレッドの比較も参考にすると良いでしょう。

金貨投資のデメリット

金貨投資には、良いところだけではなくデメリットもあります。まず、金貨投資ではスプレッドが大きいです。 金貨は加工するものですので、スプレッドが大きくなってしまいます。金貨として加工する額はおよそ数百円程度ですが、金貨自体の大きさが大きいほどスプレッドが小さくなります。

ですから小さい金貨を何枚も購入するやり方よりも、大きな金貨を一枚購入する方が、よりリーズナブルに購入できるでしょう。しかしせっかく購入した金貨を損傷させてしまうと、価格が安くなったり売れなくなってしまいます。金貨に少しでも傷などがつくと、プレミアムが失われてしまいます。そして金地金のみの価値に減少します。

傷や汚れそして形の変形などで再販ができなくなってしまった金貨は、国内外の売買市場で取引きが正しく行われなくなりますし、プレミアムが付かない買取価格になってしまいます。 また、金貨の損傷でプレミアム分を失ってしまう場合、為替変動の影響で国内金価格が下がることが影響して、元本割れを起こすことがあります。日本国内での金価格は、国際金価格をもとにしていて、円に換算したものです。国際金価格が変動しないとしても、為替相場が変動してしまうと、国内金価格が変動してしまいます。

金貨投資のメリット

あまり多くの人には知られていない金貨投資ですが、知る人はこの投資をすでに行っています。それでは金貨投資のメリットは、どのようなことがあるのでしょうか。1つには、売買手数料がかからないことです。

金貨を購入する時に費用として必要なバーチャージは、金貨の場合にはかかりません。購入する時にも少額で購入ができますので、さまざまなリスクが減らせます。金貨はサイズが小さいものですし、購入する数も一枚一枚購入することができます。一定額で購入する時でも、金貨の枚数を何枚にも分けて購入することができますので、自然にドルコスト平均法と言うものを行っていることになります。

このため大きな一般的な投資では、かなり大きなリスクを伴うケースが多い中、金貨投資ではそのリスクを減らすことができます。金貨は、いつでも手軽にそして簡単に換金できますので、信頼性と利便性もあり始めるには取り掛かりやすい投資対象になります。この金貨は、5年以上保有することで税金が減額されます。金貨を5年以上保有することで、課税対象になる売却益が半分になり減額されます。例えば、最大で40%の累進課税でしたら20%減額になります。金貨投資は、長期的な投資が目的ですので、大きなメリットがあります。

金貨の投資のしくみ

金貨は日本でも発行されています。しかしその多くが収集型の金貨がほとんどです。 しかしその金貨ですが、希少価値によって価格が大きく変わるもので専門の業者が扱っています。金貨は収集する人たちへの売却が対象になっていて、人気によって金貨の価格が決まっていきます。今の時代ではそれほど見かけることが無くなってしまいましたが、通貨型金貨というもので法定通貨として発行される金貨もあります。歴史的には、通貨に金や銀を使っていた時代があります。しかし現代に近づくほど、その相場の変動によって金や銀の価値と通貨の価値のずれが生じてしまうことから現在は金や銀をそのまま使うことは無くなりました。

さまざまな投資がありますが、その中の一環として金貨の購入を考えるのでしたら地金型金貨がお勧めです。この金貨は、海外の造幣局が製造している場合が多いので金の延べ棒と同じくらいの純度99.99パーセントの純金製です。 価格については、当日の金価値で変動します。

今日本で購入できるのは、オーストリアのウィーン金貨ハーモニーやオーストラリアのカンガルー金貨になり、カナダのメイプルリーフ金貨なども購入が可能です。これらの金貨も各国政府が保証していますので金貨の在庫があれば購入 可能です。金の価格動向によって、品薄になることがあります。地金型金貨は、小口で金現物投資ができるものです。プレミアム が付いて、金相場で価格が変動してしまう部分では金の延べ棒と同じです。